結婚式 ウェディングシューズ結婚式 ウェディングシューズ

HOW TO CHOOSE THE BEST

ウエディングシューズの選び方

ウエディングシューズは特別なもの。
普段着に合わせる靴とは選び方のポイントが異なります。
結婚式のシーンにふさわしく、花嫁が最も美しく見えるように
4つのステップでセレクトしていきましょう。

STEP

01

ヒールの高さを選ぶ

ドレス丈・自分の身長・彼とのバランスも考えて!

ウェディング 新郎新婦
ウェディングシューズ ヒール

POINT

ドレス姿を美しく

ドレス姿が美しく見えるように、まずはヒールの高さを選びましょう。既成のドレスの多くは160 ~ 165cm サイズのもの。とくにレンタルの場合はお直しができないので、そのドレス丈に合うよう自分の身長をヒールの高さで調整していきます。他のサイズの方も同様にドレス丈を基準にしてください。たとえばフルレングスタイプのドレスなら、床から2 ~ 3cm ほど裾を浮かせた状態が綺麗だといわれています。

POINT

彼とのバランス

そして、もうひとつ大切なのが彼とのバランス。一般的には身長差10 cm 前後が理想とされています。BENIRでは花嫁のウエディングシューズに1cm・7cm・12cm のヒールをご用意。新郎のシューズには6 cm アップのソールを採用しています。ご来店時はもちろん、オンラインストアでもご試着可能なので、おふたり並んでベストバランスを探してください。

STEP

02

シューズの形を選ぶ

フォーマルor カジュアル?
シーンに合わせてチョイス!

POINT

TPOに合わせる

ヒールの高さが決まったらシューズの形を選びます。
いちばんのポイントは、どんな結婚式を挙げるのか、どこで着用するのかということ。肌の露出を控えなければならない教会、格調高い式場や一流ホテルなど、フォーマルな場ではオープントゥ(つま先が見える靴)はNG です。正統派のクローズトゥ(つま先が隠れる靴)が望ましいでしょう。
逆にリゾートやガーデン、レストランなど、カジュアルスタイルのウエディングには軽やかなオープントゥがよく似合います。写真撮影で足もとのアップを撮るときにも可愛らしくておすすめ。フォトジェニックな花嫁姿を演出してくれます。
ウェディングシューズ

STEP

03

色や素材を選ぶ

ディテールにこだわってコーディネートを楽しんで!

  • ウェディングシューズ
  • ウェディングシューズ
  • ウェディングシューズ

POINT

ドレススタイルに合わせる

ウエディングシューズは色や素材によって印象が変わるもの。自分の好みはもちろん、結婚式のスタイルも考慮してディテールを決めましょう。BENIRでは、王道のホワイトと洗練されたブラックの2 色をご用意。純白のドレスにはホワイトのシューズを合わせて、カラードレスに着替えたらブラックのシューズに履き替えるなど、足もとまでトータルにコーディネートしてお洒落を楽しんでください。どちらの色もシルクサテン生地を選べばフォーマルに、レース生地を選べばカジュアルにまとまります。また上品な輝きを放つシルバーやゴールドのグリッターも人気です。

STEP

04

アクセサリーを選ぶ

アクセサリーをプラスして
自分らしさを表現しよう!

ウェディングシューズウェディングシューズ
ウェディングシューズ

POINT

華やかにグレードアップ

リボンやビジュー、フェザーなどのアクセサリーをオプションでプラスすれば、より自分らしいコーディネートが完成します。
選んだウエディングシューズにぴったり合うように、BENIRではシューズと共布でアクセサリーを製作。たとえば同じリボンでもシルクサテンとレースの2 素材をラインナップしています。挙式は清楚にシンプルなまま、披露宴ではドレスアップして華やかにと一足でイメージチェンジを楽しめるのも魅力です。